BLOG

[本革」と「床革」の違いって何?

私たちにたいへん身近な素材「革」。

周りを見渡せば、バッグやお財布、靴など一人一つは何気なく革製品を身につけているのではないでしょうか。ところで「革」と言ってもいろいろな種類があるのをご存知ですか?

今回は、ピンと来るようで来ない「本革」と「床革(とこがわ)」の違いをご紹介したいと思います。

皮と革も違い

「皮」と「革」の違いは?

前提として、

  • 「皮」の表記は動物のもの
  • 「革」は、動物から採取した「皮」を製品にするために鞣(なめ)したものです。
       ※鞣す(皮の脂肪や毛を除いて、耐久性・可塑性・柔軟性をもたせること)

誤解されることも多いですが「本革」も「床革」もれっきとした「動物の皮」で作られたものであり、合成皮革ではない、紛れもない天然の皮革です。

では、本革の特徴って?

言葉の響きも良い「本革」とは、革の最表面である銀面付の革のことを指します。

革本来のもつ風合いがあり、繊維が細かく、頑丈で耐久性に優れています。また銀面に型押し等の加工をすることにより、色々な表情を楽しむことができます。

床革の特徴

一方の「床革」とは、「革」の3層目にあたる部位のことを指します。

銀面付の「本革」と違い、床面は繊維が荒いため耐久性に欠けます。そのため、商品によっては、PUなどの樹脂を表面に貼り耐久性をUPしたスプリットレザーにして使用します。

どちらも牛から採取した本物の皮ですが、特徴がまったく違いますので用途によって使い分ける必要があります。

「本革」と「床革」の違いは?

・耐久性

まず「本革」は耐久性に優れています。定期的に欠かさずお手入れをすれば、10年以上ご使用頂けます。また、革が呼吸をしているため、自然に除湿をしてくれ、適度な温度を保ってくれる役割もあります。さわり心地がしっとりしているのはそのためです。

・経年変化

「経年変化」をより楽しむなら、本革のなかでもヌメ革をお勧めします。店頭に並んでいるものや、ご購入後間もないものは、堅さを感じるものも多いですが、使い込めば使い込むほどにしっとりと柔らかくなり、あなたの手に馴染みます。オイルを塗ることによって更に革の味も出てきます。

お会計時に何気なく本革製のお財布を出すだけでも絵になり、持っている安心感や優越感も生まれてきますよね。しかしながら、最近ブームになっているスウェードの靴や、「ベロア」は、牛の「床革」を使用しています。床皮にも、本皮の断面と同じように毛羽立ちが発生しているものが多いので、とても柔らかいのですね。

・水や熱の弱さ

本革は耐久性に優れている一方で、水や熱には弱い素材となっています。忙しくお手入れに時間が取れない方には床革をお勧めします。

実際に商品を選ぶ際の見分け方

本革製品は触り心地がより柔らかくしっとり

床革は本革に比べて触り心地が若干堅い

それでもピンと来ない時は、目を凝らして革の表面を見てみましょう。

本革は皮膚が呼吸をしていた部分なので、「毛穴」を目視できることがほとんどです。一方、「床革」は二層目に位置しているものなので、毛穴は見えません。

まとめ

参考になりましたでしょうか?革製品は、男の魅力を更に高めてくれるパートナーに相応しい、一生モノの素材といえますね。

自分を一歩更に高めたくて、コストにも余裕があれば「本革製品」

より気軽に革を身に付けたい方、雨の日も革に気を配ることなく安心してお仕事に通いたい方、手入れが手間な方には牛床革製品

をお勧めします。あなたの環境や、ご希望に合った製品をお選びくださいね。

 

TRANSICでは、この「本革」と「牛床革」のいいとこどり商品をご用意しています。是非ご覧ください。

【GOLDMEN】本革×牛床革ブリーフケース 販売価格 ¥13,500(税込14,580)

 

【GOLDMEN】本革×牛床革トートバッグ 販売価格 ¥16,250(税込 ¥17,250)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

SHARE