BLOG

「本革」と「床革」の違いって何?

私たちにたいへん身近な素材「革」。
周りを見渡せば、バッグやお財布、靴など一人一つは何気なく革製品を身につけているのではないでしょうか。

ところで「革」と言ってもいろいろな種類があるのをご存知ですか?
今回は、ピンと来るようで来ない「本革」と「床革(とこがわ)」の違いをご紹介したいと思います。


「皮」と「革」の違いは?


前提として、

「皮」の表記は動物のもの
「革」は、動物から採取した「皮」を製品にするために鞣(なめ)したものです。

   ※鞣す(皮の脂肪や毛を除いて、耐久性・可塑性・柔軟性を持たせること)

誤解されることも多いですが「本革」も「床革」もれっきとした「動物の皮」で作られたものであり、合成皮革ではない、紛れもない天然の皮革です。

本革の特徴とは?



言葉の響きも良い「本革」とは、革の最表面である「銀面付」の革のことを指します。
この「銀面」とは、動物の皮の一番外側にある薄い表皮を除去した「真皮」の表面のこと。

「真皮」が残っているので、顕微鏡でよくみると毛穴やその配列まではっきりと見えます(肉眼で確認できるものもあります)。
この「真皮」が残っている状態の革が「銀面付」または「銀付」です。

英語では「Grain/グレイン」と呼ばれ、「グレインレザー」と呼ばれるものは「銀付革=本革」を意味しています。

この銀面があることで、革本来の持つ風合いがあり、繊維が細かく、頑丈で耐久性に優れます。
また銀面に型押し等の加工をすることにより、色々な表情を楽しむことができます。

床革の特徴とは?

参照:独立行政法人国民生活センター

一方の「床革」とは、「革」の2層目にあたる部位のことを指します。

表皮から1層目、2層目が削られている床面は繊維が荒く薄いため、商品によっては、ポリウレタンなどの樹脂を表面に貼るなど、耐久性をUPさせる加工が行われる場合が多いです。

床革から革らしい表情を感じることは難しいですが、素朴な風合いや手触りを活かし、レザークラフトなどで用いられることもあります。

本革も床革も、どちらも動物から採取した本物の皮ですが、特徴がまったく違いますので用途によって使い分ける必要があります。

「本革」だから良い、または「床革」だから悪いなどの選び方ではなく、ビジネスバッグを選ぶ際は、革の特徴をつかんだ上で、用途に合わせて選ぶことが大事です。

「本革」と「床革」の違いは?


本革、床革には良くも悪くもそれぞれ特徴があります。
メリット&デメリットを理解すれば、革製品との上手な付き合い方、自分にあった「革」の選択基準が見えてきます。

  本革 床革
耐久性 長く使える 長く使えない
経年変化 する しない
耐水性 なし あり
耐熱性 なし なし
価格 高価 手頃
メンテナンス 必要 簡単
維持費 かかる かからない

1.耐久性


まず「本革」は耐久性に優れています。
定期的に欠かさずお手入れをすれば、10年以上使用することができます。

また、革が呼吸をしているため自然に除湿をしてくれ、適度な湿度を保ってくれる役割もあります。
さわり心地がしっとりしているのはそのためです。

一方、「床革」は先述の通り、皮の「床面」(2層目)が使われています。
補強や撥水のために樹脂などを塗り、違う素材を重ねて一枚にしたものはスプリットレザーと呼ばれます。

耐久性は本革には及びませんが、加工によって本革にはない撥水効果が期待できる場合もあります。

2.経年変化


本革は「経年変化」が楽しめます。
よりその変化を楽しむなら、本革のなかでもヌメ革をお勧めします。

店頭に並んでいるものや、購入後間もないものは、堅さを感じるものも多いですが、使い込めば使い込むほどにしっとりと柔らかくなり、あなたの手に馴染みます。
オイルを塗ることによって更に革の味も出てきます。

「本革」であれば全て経年変化が起こるとは限りません。
昔から伝わる「植物タンニン」で鞣された革などは経年変化しやすいですが、近年主流となっている「クロム」で鞣された革は、それには及びません。

お会計時に何気なくお手入れされた本革製のお財布を出すだけでも絵になり、持っている安心感や優越感も生まれてきますよね。

一方、床革は経年変化を起こしません。
表面はポリウレタン樹脂ですから、いくらオイルを塗りこんだりしても、あの独特の深みのある変化は起こらないのです。

ですが「スエード」や「ベロア」なども、牛の「床革」を使用したもの。
とても柔らかく、変化しなくても使い心地はとてもよいものです。

3.水や熱への耐久性


本革は耐久性に優れている一方で、水や熱には弱い素材となっています。

雨や汗などで色落ちなども起こるため、防水ケアが必須です。
熱にも弱く、直射日光などで焼けてしまいます。

一方、床革はスエードなどをのぞき、表面に樹脂加工がほどこされていますので、撥水性があり、雨の日でもケアフリーで使用ができます。
外回りの多いビジネスマンには床革の方が適しているでしょう。

ただ、樹脂も熱にはあまり強くありません。
直射日光の当たるところでの長期保管はよくありませんので気をつけましょう。

4.価格


本革と床革を比べると、当然のことながら天然皮革を使用している割合の高い、本革の方がコストが高く、販売価格も高くなります。
その反面、床革はお手頃な価格のものが多いです。

近年のネット市場では「本革」と表示されていても、実際は「床革」や「合皮」のものが素材に採用されている商品が多く見受けられます。
極端に安い価格で「本革」と表記のあるものは、まず疑って見た方がいいかもしれません。

本革と床革は、「皮」から「革」になるまでにかかる時間、コストがそれぞれ異なります。
その違いが価格面においても差となって表れますので、知識として覚えておくと商品選びの参考になるでしょう。

5.メンテナンス


本革は長く使っていると「カサついている」と感じるときが訪れます。
これがお手入れのタイミング。

人間の皮膚と同じで、乾燥している状態はよくありません。
定期的な油分補給が大切ですのでオイルケアも必要になってきます。

また、水にも弱いため、雨などで濡れてしまった場合は、適切なケアが必要です。
メンテナンスには本革に適した専用のケア商品が必要ですので、維持費という面では多少コストがかかります。

床革は先述したように、スエードなどをのぞいて表面に樹脂加工が施されているので、特別なケアは必要ありません。
そのため維持費もほとんどかかりません。

忙しくお手入れに時間が取れない方には床革をお勧めします。

本革と床革の見分け方




・本革製品は触り心地がより柔らかくしっとり
・床革は本革に比べて触り心地が若干堅い

それでもピンと来ない時は、目を凝らして革の表面を見てみましょう。

ぱっと見では分かりませんがよく見ると、本革は皮膚が呼吸をしていた部分なので、「毛穴」を目視できることがほとんどです。

一方、「床革」は2層目に位置しているものなので、毛穴は見えません。

まとめ


参考になりましたでしょうか?
革製品は、男の魅力を更に高めてくれるパートナーに相応しい、一生モノの素材といえますね。

コストはかかるけれど、ケアの手間をおしまず、長く大切に使い続けることができるなら「本革製品」がおすすめ

コストをかけず、より気軽に革を身に付けたい、雨の日も気を配ることなく使いたい、手入れが手間な方には「牛床革製品」がおすすめ

あなたの環境やお仕事、ご希望に合った製品をお選びくださいね。

本革×床革を使用したバッグのご紹介


本革×牛床革ブリーフケース「GA001」

当店人気No.1 ドラマでも使用されているビジネスバッグ
販売価格 ¥14,500(税込15,950)

本革×牛床革トートバッグ「GA204」

当店人気No.2 ビジネストート
販売価格 ¥15,000(税込16,500)


牛革×牛床革リュック「GA609」

ビジネスリュック
販売価格 ¥18,000(税込19,800)


(これらの商品を模造した粗悪品が大手モールにて多く販売されております。お客様からお問い合わせをよくいただいておりますが、GOLDMEN商品は他店に卸しておりません。TRANSIC以外では販売しておりませんので、くれぐれもご注意ください)

 
その他のバッグを見る
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

SHARE