【価格別】ノートPCが収納できるメンズトートバッグ10選

テレワークなど時代の流れを受けてノートPCの持ち歩きが一般的になった今、おしゃれな要素を取り入れたメンズトートバッグの人気が高まっています。

これまでトートバッグはカジュアルアイテムとして認知されていましたが、最近ではスーツにもあうデザインや機能性を備えた商品も多く販売されています。

仕事の荷物を入れるバッグは、見た目や使い勝手にこだわって選びたいですよね。
そこで今回は、ノートPCが収納できるメンズトートバッグを10点ご紹介します。

選び方や注意点も解説しているので、購入の際の参考にしてください。


ノートPCが収納できるメンズトートバッグ|選び方のポイント

パソコンとトートバッグまずは、ノートPCが収納できるメンズトートバッグの選び方をみていきましょう。
トートバッグは選び方を間違えると、TPOに合わない場合もあるため、気をつけたいもの。

ここで紹介するポイントをおさえ、ビジネスシーンにふさわしいトートバッグを選びましょう。

A4サイズ以上を目安に

ビジネスで使うメンズトートバッグは、荷物の量にあわせて選ぶのが最適です。
仕事で必要なアイテムの大きさや量を考慮して、ゆとりのあるサイズを選びましょう。

小さいノートPCを使っている人や荷物が少ない人は、一般的な書類のA4サイズ以上を目安にするのがおすすめです。

A4サイズ以下のトートバッグを選んだ場合、いざ書類を入れると角が曲がってしまいスマートさに欠けてしまいます。

もちろんノートPCのサイズにあわせて選ぶのもOKです。
荷物の多い人はB4サイズ対応など、いつも持ち歩く荷物を再確認して選んでみてくださいね。

機能性の高いものなら使いやすい

ビジネスマンはスマホや名刺入れ、キーケースに手帳など、バッグに入れるアイテムが意外と多いもの。
小物を整理収納できるようにポケットのサイズや数、配置などをチェックしておきましょう。

サイズ違いのポケットが複数ついていると、バッグの中で乱れがちな小物をすっきり持ち運べます。

また、2wayや3wayのように持ち替えができるかどうかや、PC専用のポケットがあるかどうかなどもチェックしておきましょう。

持ち手は肩にかけられる長さ

トートバッグならではのポイントは、「肩掛けで使える」ことです。
手提げのように片手がふさがることなく、両手の自由度が高くなるのがメリットといえるでしょう。

持ち手は「長さ」もしくは「高さ」で表記されることが多く、目安は以下のとおりとなっています。

  • 高さ30cm以上
  • 長さ50〜60cm程度

体型や衣類の厚みにもよりますが、50cm以上の長さがあれば脇の空間にゆとりができやすく、ストレスなく使えるでしょう。
より正確に選びたい人は、メジャーを肩に掛けて長さを確認してみるのもよいですね。

レザー素材なら品のある雰囲気に

ビジネスで使うトートバッグなら、品のあるレザー素材がおすすめです。
上質な素材感が相手への信頼度を高め、「できるビジネスマン」としての雰囲気を演出してくれます。

ナイロンや合成皮革に比べて高価ではありますが、耐久性のあるレザーなら長く使えて、結果的にコストパフォーマンスがよくなることも。

また、使うほどに変化するレザーなら、バッグと一緒に成長する楽しみを味わうこともできるでしょう。

ファスナー付きのデザインがベスト

トートバッグは開口部が大きく、荷物が取り出しやすいメリットがある反面、中身がみえやすいというデメリットもあります。

ビジネスマンとして大切な書類やPCを持ち運ぶうえで、他人にバッグの中身をみられるのは避けたいところ。

メンズトートバッグには、ファスナー・マグネット・ホックなどのパーツが使われるのが一般的です。

なかでもファスナー付きのデザインなら、きっちり閉められるので中身がみえる心配もなく安心して使えます。

防水加工なら雨の日も安心

ノートPCを雨から守るためにも、防水加工が施されているメンズトートバッグがおすすめです。
素材だけでなく、ファスナーも防水仕様になっているものなら隙間から水が入る心配もありません。

天候を気にせず安心して使うために、防水加工の有無をチェックしておきましょう。


【価格別】ノートPCが収納できるメンズトートバッグ10選

メンズトートバッグとビジネス小物ここからは、TRANSICのおすすめトートバッグを紹介します。
多くは素材にレザーを使用しており、ノートPCが収納できるサイズと仕様となっています。

1万円台・2万円台・3万円台〜と価格別に紹介するので、予算にあわせてチェックしてみてください。

【1万円台】

本革×牛床革トートバッグ(GA204)



ビジネスマンにふさわしい清潔感漂う本革のトートバッグです。
丈夫で経年変化が楽しめる本革と、表面に塗装加工をほどこした牛床革の2種類を使用。

軽量ながらも高い堅牢性と撥水性があり、底には汚れを防止しながら安定感を増す底鋲を配置しています。
大きく開く間口で中身が見やすく、クッション材を使用した13インチのPCホルダーも装備。

スリムな見た目でありながら、ペットボトルを立てて持ち運べる収納力の高さで、荷物の多いビジネスマンをサポートする一品です。

本革×CORDURA トートバッグ(GA204C)



さきほど紹介した「本革×牛床革トートバッグ」の素材違いのモデルです。
ハンドルや底には強度の高い本革、ボディ部分にはナイロンの7倍の耐久性をもつコーデュラナイロンを使用しました。

本革モデルと比べると軽く、撥水性が高いのが大きな特徴。
ナイロンでありながらもスーツにあう落ち着いた印象で、上質な雰囲気を崩しません。

本体外側には、持ち歩き中もサッと荷物を取り出せる便利なファスナー付きポケットをつけました。
「見た目はもちろん機能性にもこだわりたい」という方におすすめです。

本革 大判トートバッグ(GB1005)



開口部がファスナーとマグネットの2種類から選べる大判トートバッグです。
装飾を一切排除したシンプルなデザインで、スーツやオフィスカジュアルにもマッチ

大ポケットや小物ポケットなど、さまざまなサイズのポケットが装備されているので、荷物を整理収納しながら持ち運べます。

素材には柔らかなライチグレインレザーを使用。
表面にエンボス加工がほどこされているので傷やシワが目立ちにくく、上品な光沢を放ちます。

本革トートバッグ(GA207)



バイカラーがおしゃれな本革トートバッグです。
大中小あわせて8ヶ所もあるポケットで、ノートPCも小物アイテムも整理収納できます。

すっきりとした見た目でありながらも、1〜2泊程度の出張にも使える大容量。
ハンドルの長さは62cmで、厚手のジャケットや冬用コートの上からでも肩掛けしやすい仕様となっています。

素材には生後2年以内の柔らかな牛革を使用し、「ふっくら」感にこだわりました。
優しく上品な雰囲気で、カジュアルスタイルにもフォーマルスタイルにもお使いいただけます。

【2万円台】

シボ革トートバッグ(GA202)



大人の男性にふさわしい、高級シボ革を使ったトートバッグです。
スタイリッシュなデザインで、短期の出張もこなせる大容量サイズ

ハードな使い方をしても傷の目立ちにくい素材を使うことで、ビジネスマンらしいエレガントさを演出します。

ファスナーポケットや大ポケットなど各種サイズのポケットを配し、必要な荷物を手間なくサッと取り出せます。
ハンドルやショルダーパーツの縫い付け、底の“三角縫製”など、すみずみまでこだわり抜いた一品です。

2WAY本革トートバッグ(GA205)



B4サイズ対応でノートPCや書類はもちろん、着替えなども入る大容量な本革トートバッグです。
3層式のセパレート構造で、用途にあわせた使い方が可能。

それぞれのエリアに小物ポケットを配置し、ビジネスアイテムを賢く整理して持ち運べます。
年齢を選ばないデザインとカラーで、スーツとの相性も抜群です。

また、同シリーズでPUレザーを使った商品もあります。
GB607はこちら

本革 大判トート(GA206)



センターのスエード生地が上品な印象を与える大判トートバッグです。
A3ファイルが収納できるサイズで、荷物の多いビジネスマンにも対応します。

両サイドについたスナップボタンで本体サイズの調節が可能。
開閉パーツにはGOLDMANオリジナルの「ドイツホック」を使用しており、片手でつまんでサッと開け閉めできます。

カラーは落ち着いた色味のブラック・ブラウン・ネイビーの3色。
男女兼用で楽しめる絶妙なカラーとデザインで、大人のコーディネートを格上げします。

馬革 ビッグトート(BS201)



プルアップ加工の馬革を使用したビッグトートバッグです。
革にオイルを染み込ませる「プルアップ加工」は、独特の艶としっとりとした手触りを生み出します。

また、3段階の調節が可能な持ち手にはヌメ革を使用しており、本体と同じく経年変化を楽しむことができます。

内側にはファスナーポケット1つとオープンポケットを2つ装備しました。
マチが17cmと大きく、出張や小旅行にも対応できる大容量サイズとなっています。

【3万円台〜】

BLACKシリーズ 本革トート(GA203)



ビジネスで使いやすい「上品なブラック」が魅力の本革トートバッグです。
素材には、なめらかで艶やかな風合いを醸すフルグレインレザーを使用。

余計な装飾を一切なくしたシンプルなデザインで、大人の魅力を引き立てます。
15インチのPCホルダーや小物ポケットも完備し、ビジネスアイテムをしっかり収納。

スーツスタイルをビシッときめて、格式高いビジネスマンを目指したい方にもおすすめです。

イタリア本革 トート(MC201)



イタリアの老舗ファクトリー“Boldriniボルドリーニ社”の職人が、1点1点手作りで仕上げる本革トートバッグです。
マットな光沢が美しいイタリアンレザーを使用しており、重厚感を演出。

メインコンパートメントにはビジネス使いも安心のファスナーを採用し、サイドにオープンポケットを設けました。

13インチのPC収納ポケットやファスナーポケット、フリーポケットを装備。
スタイリッシュな見た目と高い機能性で、ビジネスにもプライベートにも活躍します。


メンズトートバッグでノートPCを持ち運ぶ際の注意点

黒いメンズトートにノートパソコンを入れている画像ノートPCは繊細な電子機器なので、持ち運び中に故障しないよう注意しなければなりません。
とくに気をつけたい3つのリスクと注意点について紹介します。

衝撃を与えない

ノートPCを持ち歩く際にもっとも気をつけたいのが、外部からの衝撃です。
強い衝撃を与えるとボディやディスプレイの破損や、内部の電子機器が故障してしまう可能性があります。

外からみて問題なさそうでも、内部で部品が外れるなどのトラブルが起きることもめずらしくありません。
ノートPCをメンズトートバッグに入れて持ち運ぶ際は、できるだけ衝撃を与えないような配慮が必要です。

荷物で圧迫しない

メンズトートバッグがパンパンになるほど荷物を詰め込んだり、満員電車で圧迫したりすると、ボディが損傷する可能性があります。

ボディが損傷すると内部部品の故障につながるため、バッグ内の空間に余裕をもたせるなどの工夫が必要です。

また、ノートPCの上に荷物を山積みにすると、同じように圧迫による故障の可能性があるので注意しましょう。

濡らさない

衝撃や圧迫と同じように気をつけたいのが、水に濡らさないことです。
とくにノートPCは本体・ディスプレイ・キーボードが1つにまとまっているため、うっかり飲み物をこぼすと少量でも故障することがあります。

雨の侵入を考慮しても、ファスナーで開閉できるメンズトートバッグが安心ですね。


故障のリスクを抑えたノートPCの持ち運び方

パソコンケースに入っているノートパソコン最後に、故障のリスクをおさえたノートPCの持ち運び方を紹介します。
何気なくおこなっていることでも、故障につながるケースもあるので注意が必要です。

ノートPC用のバッグを使う

ノートPCを持ち運ぶ際は、PC専用ポケットがついたメンズトートバッグを選ぶのがおすすめ。

PC専用ポケットがついていれば、ほかの荷物と直接触れることがないので、衝撃を最小限におさえることが可能です。

もし専用ポケットがない場合は、インナーバッグを使うのもよいでしょう。

本革バッグインバッグ(GA1901)



電源を切る

「すぐに使うから」と電源を入れたまま持ち運んでいませんか?
電源を入れたまま、とくにハードディスクを稼働させたまま持ち運ぶと、少しの衝撃で故障する可能性があります。

また電気が通っている状態で、思わぬ負荷がかかると電気回路がショートして火災につながることもあり非常に危険です。

ノートPCを持ち運ぶ際は電源を切るか、せめてスリープモードにしておきましょう。

周辺機器をすべて外す

ノートPCにつけているACアダプターや外付けキーボード、USBなどはすべて外しておきましょう。
周辺機器をつけたままバッグに収納すると、ノートPCを圧迫する要素となります。

また、「忘れないように」とパソコンとキーボードの隙間に書類などを挟むのもNGです。
ディスプレイを傷つける原因となるので、別で持ち運ぶようにしましょう。


ノートPCが収納できるメンズトートバッグで、ビジネスを円滑に!

ノートパソコンを使う男性ノートPCは気軽に持ち運べる反面、故障しないように配慮しなければなりません。
仕事で使う大切なノートPCを衝撃や水濡れから守るためにも、PC収納を考慮したメンズトートバッグを選びましょう。

見た目におしゃれなメンズトートバッグなら、プライベートにも使えておしゃれの幅が広がります。
今回紹介したTRANSICの商品も参考に、使いやすいメンズトートバッグを探してみてくださいね。