バッグの中身を整理する方法[ビジネスマン向け]

仕事の出来る人間、スマートなビジネスマンは必ずと言っていいほど「整理整頓」ができます。

マイデスクやカバンの中すら乱雑で必要書類がすぐにでてこなかったり、ぐしゃぐしゃになって保管しているようでは、周囲も安心して仕事を振ることができません。

有能な人間ほど片付けが上手く、ビジネスバッグの扱いに慣れているものです。
今回は営業マンがバッグの中身を整理することの大切さ、思わぬ効果やメリット、整頓術などを解説します。


ビジネスバッグの扱いで印象が変わる

書類や小物がゴチャゴチャになったり、充電器やイヤホンなどのコード類が絡まったり、気が付くと中身が荒れがちなビジネスバッグ。
どこに何を入れたか忘れたりすることもあるでしょうが、ビジネスバッグの扱い方で印象も変わります!

出先でガサゴソはNG!

取引先や客先でカバンの中をゴソゴソする行為は、あまり印象の良いものではありません。
いざ商談が始まって必要書類やプロダクトを見せるとき、目の前でカバンの中をガサガサ探されてしまうと、本当にこの人に任せて大丈夫なのか、と相手も不安に思ってしまいます。

多機能でポケットの多いビジネスバッグを使ったり目的別に荷物を収納するなど、日頃から整頓を心がけましょう。

ビジネスバッグの中身は本当に使うものだけを!

重そうなカバンを持っているというだけで、少しネガティブな印象を相手に与えてしまう事があります。
仕事に使う機材はともかく、それ以外であからさまに重たそうなカバンを持ち歩いていると、無意識にスピード感のない人という印象を与えてしまいます。

見た目や服装がスマートである方が相手に与える印象が良いように、ビジネスバッグもできるだけスマートな方が「デキる営業マン」に見られます。
身なりもビジネスバッグの中身も、スマートに纏めることを意識しましょう。


ビジネスバッグの中身、整理整頓する方法は?

必要な物を見極める

先程も触れましたが、まずは必要な物を見極めましょう。
どれだけ整理したくても、物が多すぎるとまとまるものも纏まらなくなってしまいます。
よりスマートにコンパクトにビジネスバッグを持ち歩くため、できるだけ兼用されたものを使用してみるのも良いでしょう。

バッグインバッグを使う

バッグインバッグやポーチ、専用のガジェットアクセサリなどに小物を纏めることによって、中身が型くずれしにくくなり荷物が纏まります。
空間を分けることで、ビジネスバッグをより機能的に使うことができるのでオススメです。

プライベートなものと仕事用のもので分けたりガジェットと書類で分けたり、カバンの中身を大きく2つに分ける事を意識すると良いでしょう。

書類をデータ化し紙媒体を減らす

ビジネスバッグの中身で、必要書類などが多くの割合を占める方は未だに多いと思われます。
ですが、今はタブレットやPCが主流の時代。
必ず必要な紙媒体はあると思いますが、それ以外は極力USBやPCクラウド上にデータとして保存し纏めておくと、取り出しや保管も便利で汚れの心配もないぶんオススメです。

しかし、何でもかんでもPCやクラウド上に保存してしまうといざという時すぐに閲覧・参照ができませんので、自分の塩梅でデータ化をしてみましょう。


ビジネスバッグを整頓するメリット

いかがでしたでしょうか。
整理整頓することで仕事の能率が上がるだけでなく、まわりからの見え方も変わってきます。

天才肌で芸術系の人間であれば、片付け・整理整頓ができなくてもそれがまたセンスに直結したり、そういうタイプが多いイメージで片付けることもあるでしょう。
ですが、それはあくまで芸術家の話であり、制作系など美術系の仕事がメインであってもビジネスマンである以上、机やビジネスバッグの整理は仕事の効率化に繋がります。

上記で紹介した整頓方法を参考に、仕事が出来る見た目もスマートなビジネスマンを目指しましょう。


<関連記事>
◆出張持ち物一覧表 [準備で気をつけるべきこと]
◆就活バッグの選び方