できるビジネスマンの持ち物|こだわるべき必需品や小物18選

仕事での成果はもちろん、見た目の印象も重要なビジネスマン。
できるビジネスマンの多くは、身だしなみに気を配っています。

いくら能力が高くてもヨレヨレのスーツに身を包み、くたびれたバッグを持っていては周りへの印象がよいとはいえません。
そこで本記事では、仕事ができるビジネスマンのこだわるべき持ち物について紹介します。

必需品から小物、リモートワークに使うものなど、さまざまなアイテムをまとめました。
できるビジネスマンを目指したい人は、ぜひ参考にしてみてください。


できるビジネスマンの持ち物【必需品】

コーヒーを飲むビジネスマンまず、ビジネスマンの持ち物のなかでも必需品を紹介します。

できるビジネスマンには上質なものがふさわしいですが、必ずしも高級ブランドを購入する必要はありません。
身の丈にあう価格帯のなかで質のよいものを選びましょう。

ビジネスバッグ

ビジネスバッグは毎日使うものであり、周囲の目に留まりやすいため、とくにこだわりたい持ち物です。

最近では安くて見栄えのよいビジネスバッグもたくさんありますが、できれば良質なものを選びましょう。
安価なビジネスバッグは縫い目のほつれや型崩れを起こしやすく、結果的にすぐ買い換えることも少なくありません。

耐久性の高い素材でしっかり作られたバッグなら、何年使っても壊れにくくておすすめです。

本革ビジネスバッグ(GB901)



スーツ

見た目の印象を大きく左右するスーツ。
サイズの合わないスーツや、本人のよさが反映されていないスーツは魅力的に見せることができません。

スーツは「自分の体型に合うサイズ」、「ビジネスシーンに合う色と柄」を重視して選びましょう。
また、キャリアを積むとともに今まで挑戦したことのないスーツを試してみるなど、バリエーションも増やしていくのもおすすめです。

ビジネスシューズ

バッグとスーツをビシッと決めたら、足元にもこだわりましょう。
せっかく上質なバッグを持って、体にフィットしたスーツを着ていても、足元がキマっていなければ台無しになります。

ビジネスシューズもスーツと同じように、デザインや色、タイプによって印象が大きく変わるため、どのように見せたいかが重要です。

ビジネスシューズの基本デザインは「ストレートチップ」や「プレーントゥ」ですが、スーツとの相性や与えたい印象によって「ローファー」のようにカジュアルな靴も使い分けてみてください。

財布

財布は意外に人から見られている持ち物の1つです。
そのため、スーツに合う悪目立ちしないものを選びましょう。

財布はオンオフ問わず使うアイテムなので、どちらでも使えるように丈夫な本革を使ったシンプルなものがおすすめです。

とはいえ、ただシンプルなだけでもつまらないので、細部にこだわりを感じさせるものなら人と違ったおしゃれが楽しめますよ。

また、少し視点を変えて「できるビジネスマンにふさわしい財布」という選び方をするのもよいでしょう。

本革 ラウンドファスナー 長財布(VA109)


名刺入れ

名刺交換の際に、必ず目にするのが名刺入れです。
営業先や取引先ではじめて会う人との名刺交換は、人柄を印象づける重要なタイミング。

自分の名刺を入れておくのはもちろんですが、相手の名刺を収納するところでもあるので、粗末にはできません。

名刺入れも本革製で丁寧に作られたものがおすすめです。
日頃からほどよく手入れしておき、初対面で好印象を残せるようにしておきましょう。

ふんわり開く名刺入れ(FK10002)




できるビジネスマンの持ち物【小物】

ビジネスマンの小物ここからは、仕事ができるビジネスマンがこだわりたい小物を紹介します。

周囲からの見られ方はもちろん、小物にこだわることで自分自身の仕事に対するモチベーションアップにも役立ちますよ。

手帳

できるビジネスマンは仕事の予定やタスクなどのスケジュール管理を徹底しています。

最近ではスマホやPCのスケジュール管理アプリを使う人も増えましたが、ちょっとしたメモやアイディアをすぐに書き込める手軽さから、紙の手帳も根強い人気があります。

持ち運び重視ならB6・A5サイズを、見やすさ重視ならB5、A4サイズがおすすめです。

また、ビジネスマンとして上を目指すなら、目標達成のための「目標設定欄」のあるものなど、用途に合わせて使いやすいものを選びましょう。

ペンケース

複数の文房具を持ち歩くときには、ペンケースを持っておくと便利です。
打ち合わせや会議などで何かを書き留めておくとき、バッグからサッと文房具を取り出せるとスマートな印象を与えられます。

また、デスクの上にさりげなくおしゃれなペンケースを置いているだけでも、できるビジネスマンを演出できますよ。

サイズはペンが数本入る程度のスリムタイプで、素材は質感のよい本革がおすすめです。

ペンケース(VA10008)



高級ボールペン

商談中や契約書のサインなど、さまざまなシーンで必要になるボールペン。
デジタル化が進み手書きでのやりとりが減りつつあるものの、些細な仕事道具にはこだわりを持つのが一流のビジネスマンです。

サラサラと筆が進むような書き心地と、見た目の美しさに魅力を感じる一品を選びましょう。
ただし、社会的な立場に合わないほど高級なボールペンは、周りに違和感を感じさせることもあるため注意が必要です。

腕時計

スマホだけでも時間の確認はできますが、持ち物にこだわるなら腕時計は欠かせません。
とくに営業職など人と会う機会が多い職種なら、いつでも時間が確認できる腕時計がスマートです。

腕時計選びのポイントは「文字盤の色」「ケースフォルムの形」「ベルトの種類」で、オーソドックスなものがビジネスシーンにふさわしいとされています。

スーツに似合う腕時計は、できるビジネスマンのスタイルを格上げしてくれますよ。

カードケース

この数年でキャッシュレス化が進み、たくさんのカードをスマートに収納できるカードケースが注目されています。

交通系ICカードのみを持ち歩く人は、最低限のカードが入るコンパクトなものを。

PRINCE カードケース(AS10001)



財布がわりに小銭やお札も収納したい人はファスナーのついたフラグメントケースを選びましょう。
マチのない薄手タイプのカードケースなら、ジャケットの内ポケットに入れてもひびかないのでおすすめです。

MAGNOLIA カードケース財布(AS5204)




できるビジネスマンの持ち物【リモートワーク用】

リモートワークをするビジネスマン以前より在宅勤務をする人が増え、リモートワーク用のグッズも豊富になりました。

「家にいるとオンオフのメリハリがつきづらい」という人は、リモートワークで使うアイテムにこだわってみましょう。

Web会議用のカメラ・ライト

リモートワークに切り替わったことで、ZoomやSkypeを使ったWeb会議が増えた人も多いのではないでしょうか。

ノートPCにインカメラがついていない人はもちろん、もともとついているカメラの画質に満足できない人はWebカメラを用意してみましょう。

性能のよいカメラなら表情をきれいに映してくれるので、コミュニケーションをより円滑にとることができます。

また、PCを置いている場所によっては照明の明るさが足りず暗くなることもあります。
映像が暗いとどんよりとした印象を与えてしまうため、Webカメラ用のライトを使って顔周りを明るく映しましょう。

ブルーライトカットメガネ

長時間のPC作業で目への負担を感じる人には、ブルーライトカットメガネがおすすめです。

PC作業をすると、どうしても目に負担がかかりますよね。
目の疲れがひどくなると肩こりや頭痛など、体のほかのところにも影響が出てしまうので気をつけなければいけません。

とある調査によると、「ブルーライトカットメガネを使用することで、集中力や業務効率が高まったと感じた」との実験結果が出たそうです。
仕事の疲れを軽減させるためにも、取り入れたいアイテムの1つです。

デスクマット

デスクマットは机を傷や汚れから守りつつ、マウスの動きや筆記性の向上にもなる便利アイテムです。
リモートワークにより自宅のデスクを毎日使っていると、どうしても傷や汚れがつきやすくなるもの。

そこでデスクマットを使って、机を保護しながら作業効率もアップしましょう。
デスクマットは素材や厚み、硬さなど製品によってさまざまなので、好みや用途に合わせて選んでみてください。

デスク周りをスタイリッシュにしたい場合は、贅沢な本革デスクマットがおすすめです。

本革デスクマットLサイズ(FK10011)



リストレスト

キーボードやマウスを長時間使い、手首が疲れていると感じる人はリストレストを使いましょう。
リストレストは、キーボードやマウスの手前に置いて手首をのせるアイテムです。

何もなしにキーボードやマウスを使っていると手首が浮き、余計な力が入りませんか?
リストレストに手首をのせておくと余計な力が入るのを防いでくれるので、長時間のPC作業を快適にしてくれますよ。

リストレストのサイズには「マウス用」や「キーボード用」、素材は「ウレタン素材」や「ジェル素材」などがあります。
こちらも用途に合わせて選んでみてくださいね。


できるビジネスマンの持ち物【出張用】

出張に行くビジネスマンできるビジネスマンを目指すなら、出張に持っていくアイテムにもこだわりましょう。

いつもと違う環境だからこそ、コンディションはしっかり整えておきたいもの。
出張先でよい仕事をするためにも、事前に段取りよく準備しておくことが大切です。

出張用ビジネスバッグ

まず、出張に欠かせないのが出張用のビジネスバッグです。
出張用バッグは大きすぎると邪魔になりやすく、小さすぎると荷物が入りきらないので、適切な容量を選ぶことが大切です。

容量は1〜2泊で20〜35L・3〜4泊で35〜45Lを目安にしましょう。
また、飛行機を利用するなら、機内持ち込みができるサイズかどうかも確認しておいてくださいね。

サフィアーノ ボストン(GA803)



さらに、スーツ一式をコンパクトに収納できるガーメントバッグが1つあれば、スーツにシワをつけずに持ち運べて便利です。

ガーメントバッグ(GA1902)



モバイルバッテリー

仕事の連絡、データ確認、スケジュールやタスク管理など、今やスマホやタブレットはビジネスマンにとって欠かせないツールとなっています。

さらに、いつでも充電できるオフィスとは異なり、外出の多いビジネスマンにはモバイルバッテリーも必須アイテム。
利用するデバイスの容量・機能にマッチしたものを選びましょう。

ただしモバイルバッテリーでの充電には時間がかかることも多いため、すばやく充電したい場合は急速充電に対応しているものがおすすめです。

ポケットWi-Fi

どこにいてもインターネットの電波が使えるように、ポケットWi-Fiを持ち歩きましょう。
ビジネスマンが持つポケットWi-Fiは、繋がるエリアが広く、データ容量の多いものがおすすめです。

いつも使っている場所で大丈夫でも、営業先がエリア圏内かどうかはわかりません。
プレゼンのときに圏外で困らないように、繋がるエリアが広いサービスを選んでおくと安心です。

トラベルポーチ

出張には細々したアイテムを持っていくため、整理収納できるトラベルポーチがあると便利です。

最近ではスマホの充電器やモバイルバッテリー、ポケットWi-Fi、ワイヤレスイヤホンなどのガジェット系の小物を持ち歩くことも多くなりました。

大きな出張用バッグに小物をそのまま入れると、バッグの中で動き回ったり、どのポケットに入れたか忘れてしまうこともありますよね。

そんなときにトラベルポーチを「バッグインバッグ」として使えば、紛失する心配もいりません

トラベル万能ポーチ(GA1904)




ビジネスマンが持ち物にこだわるとよい理由

営業に行くビジネスマン最後に、ビジネスマンが持ち物にこだわるとよい理由を紹介します。
「なぜできるビジネスマンは持ち物にこだわるべきなのか」と疑問に思っている人は参考にしてください。

好印象を与えられる

ビジネスマンが身に付けるものや小物にこだわると、清潔感や信頼など、周りによい印象を与えられるようになります。

見た目の印象は、仕事の成果に影響を及ぼすことも少なくありません。
そのため第一印象はもちろんですが、普段から好印象を持たれるように持ち物にこだわりをもちましょう。

一目置かれる

好印象にも共通する部分ですが、持ち物にこだわることで周りに「この人は細かい所にも気がつく人だろう」という印象を与えることができます。

さらに人よりも気を配れたり、他人の細かな変化にも気がつくようになると、一目置かれる存在になれるかもしれません。

また、こだわりのあるアイテムを身に付けることで、自然とそのレベルにふさわしい振る舞いをしたくなるのもメリットといえます。

モチベーションが上がる

上質な仕事道具に囲まれていると、モチベーションアップにつながります。
いつもと同じ職場、同じ仕事内容でも、少し背伸びしたこだわりのアイテムをもつだけで、新しい視点をもてるようになるかもしれません。

気持ち的な部分ではありますが、できるビジネスマンを目指すなら、持ち物でモチベーションを保つのも1つの方法として取り入れるのがおすすめです。


まとめ:できるビジネスマンの持ち物|こだわるべき必需品と小物をご紹介

おしゃれなビジネスマン今回は、できるビジネスマンの持ち物として、こだわるべき必需品と小物を紹介しました。
持ち物にこだわることで周囲への印象がよくなり、さらに仕事へのモチベーションを保つことにもつながります。

仕事のできるビジネスマンを目指すなら、掲げた目標を達成していくことが重要です。
さらなる高みを目指すためにも、持ち物にこだわってみてくださいね。

人気商品