雨で濡れた革製品のケア方法

不意の雨で、お気に入りのバッグが濡れてしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
また不意の雨ではなくても、外回りをするサラリーマンやOLの方は「天気が悪いから今日はスニーカーとリュックで!」というわけには、なかなかいきませんよね

お気に入りのバッグや靴を雨で濡らしてしまったら、どのように手入れをしたらよいのでしょう?

革製品は水に弱く、この時期の革製品の扱いは注意しなければなりません。
革に水がつくと、部分的に水を吸って膨張し水ぶくれのようになったり、びしょ濡れになって革の形自体が変形したり、水がしみ込んでしまい色濃く変色してしまったりします。

これは雨に含まれている不純物が染み込んだり、革の繊維が変形してしまうことが原因です。
そこで大事なポイントは、「放っておかずになるべく早く対処する」ことです。


雨で濡れた際の対処方法

防水と撥水はよく混同されますが、厳密には違う意味を持ちます。

まずは、よく乾いたタオルで水分を拭きとりましょう。
このときに、ゴシゴシ擦るのは厳禁です。

軽く押さえるように、ポンポンと拭くようにします。
衣類のシミ抜きの時のような感じで拭きましょう。

水分をよく拭きとったら、型崩れを防ぐために乾かします。
革製品は濡れているうちは伸縮性があるので、新聞紙、タオル、キッチンペーパーなどを詰めて形を整えます。
あとは風通しの良い日陰に置いて、自然乾燥させます。

※この時にドライヤーで乾かしたり直射日光に当てたり、ストーブのそばに置いたりすることは、絶対!厳禁!です。

もしも、シミが出来ていたら?

まずは、おしぼりよりも少し多く水分を含ませたタオルで、濡れた部分だけでなく全体を拭きましょう。

十分に乾いたら、革製品用のクリーナーでシミや汚れを落とします。
このときにクリーナーは直接バッグにつけず、チューブから布に絞りだして拭きとるようにしましょう。

白いシミは、汗や革に含まれる塩分がシミになったものです。
シミが残るようであれば 様子を見て、再度クリーナーで丹念に拭きとります。

必ずお手入れの仕上げをする

雨などで濡れてしまった革は、ダメージを受けています。
汚れやシミを落としたままにせず、女性がスキンケアをするように革製品にも栄養と潤いを与えてあげましょう。

クリーナーでのシミや汚れ落としが終わったら、水分と油分を含んだ乳化性の革製品用クリームを、まんべんなくひろげて塗ります。
仕上げに、また急な雨にぬれた時に備えて撥水スプレーをかけておきます。

せっかく購入したバッグがすぐにダメになってしまうのは嫌ですよね。
ですのでケアをして長く使えるようにしましょう。
縁があって出会ったバッグへの気遣いができるということに大人の品格が感じられて素敵ですね。


<関連記事>
◆デキる営業マンのヘアスタイルとは?
◆ビジネスバッグの選び方とは?TPOに合わせたおすすめの種類も紹介
◆ビジネスで使えるおすすめ名刺入れはコレ