【メンズ】防水ビジネスリュック5選|雨の日も快適に通勤しよう

定番の仕事用バッグに仲間入りしつつあるビジネスリュック。
リュックスタイルは両手が自由になるため、自転車やバイク通勤のビジネスマンの間でとくに人気が高まっています。

しかし、天気が悪いと背中のリュックはダイレクトに雨にあたり、大事な荷物まで濡れてしまう可能性も……。
また、歩きながら傘をさしているとリュックだけ傘からはみ出したり、跳ね返りで濡れたりすることもありますよね。

そこで注目したいのが、防水性の高いビジネスリュックです。
本記事では、水濡れに強いビジネスリュックの選び方やお手入れ方法などを紹介します。

おすすめのメンズビジネスリュックも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


防水性の高いメンズビジネスリュックとは?

傘をさして交差点を横断する人々ひと口に防水ビジネスリュックといっても、加工方法や仕様はリュックによってさまざまです。
ここでは、防水性の高いメンズビジネスリュックに備わっている一般的な機能について紹介します。

防水・撥水加工が施されている

ビジネスリュックに使われる素材は、ナイロンやポリエステル、合成皮革、革などが一般的です。
多くの場合、これらの素材の中から防水加工しているものを採用するか、素材に撥水加工を施すなどをして防水ビジネスリュックが作られます。

リュックが雨に濡れると、生地の表面から徐々に内部まで水が浸透してしまいます。
そこで生地自体に防水加工や撥水加工を施すことにより、生地が湿り濡れるのを防いでくれるのです。

「防水」と「撥水」の違いについては後ほど紹介するので、そちらも参考にしてください。

水が入りにくい設計になっている

意外と水が入りやすいのが、ファスナーや縫製部分です。
目に見える部分は小さいものの、ファスナーの継ぎ目や針穴からも水は侵入してきます。

たとえ防水・撥水加工されている生地を使っていても、この部分に関して防水対策がされていなければ水の侵入は防ぎきれません。

しっかり防水できる設計になっているかどうか、細かい部分もチェックしておきましょう。


メンズ防水ビジネスリュック|メリット・デメリット

黒い革のリュックを手に持つビジネスマン防水性の高いビジネスリュックを使うメリットは、以下の3つ。

  • 突然の雨にも対応できる
  • 荷物が濡れない
  • 雨の日でも安心して使える
防水ビジネスバッグはデメリットもあり、濡れたものや汗の染み込んだ衣類を直接入れると、素材の劣化が早まることです。

とくにリュックの内側まで防水加工されている場合、中の水分は蒸発しにくく、シミやカビが発生することがあります。

もし水分が内側についた場合は素早く布で拭き取り、湿気が溜まらないようにしてくださいね。

また、防水ビジネスバッグを使うときは、飲み物がこぼれないように蓋をしっかり閉める、汗をふいたタオルは袋に入れてから収納するなどの工夫をしましょう。


メンズ防水ビジネスリュック|選び方のポイント

防水リュックここからは、防水ビジネスリュックの選び方を紹介します。
どのような機能性やデザインを求めているかによって、選ぶべきリュックは異なります。

仕事用として使いやすい一品を見つけるためにも、以下のポイントをチェックしておきましょう。

どこまで防水に対応しているかをチェック

「防水加工済み」と記載されているビジネスリュックでも、どの程度防水に対応できるかは異なります。

中にはパーツのみ防水加工している商品もあり、そのような場合はリュック本体が濡れると中身まで濡れてしまう可能性があります。

防水性の高いビジネスリュックを選ぶためにも、本体の素材に防水加工されているかどうかをチェックしましょう。

また、“完全防水”のリュックも流通していますが、多くは登山用やアウトドア用でビジネスには不向きな傾向にあります。

縫い目やファスナーの仕様をチェック

防水ビジネスリュックを選ぶときは、縫い目やファスナーの仕様もチェックしておきましょう。

とくに以下のような仕様であれば、優れた防水性を発揮してくれるでしょう。

  • 止水ファスナーを使用している
  • 縫製部分に「シームテープ」が貼られている
止水ファスナーとは、防水用のテープがファスナーを閉じたときにできる隙間を防ぎ、水の侵入を防いでくれるファスナーのこと。

一方、シームテープは縫い目に貼って浸水を防ぐもので、テントやレインコートなどにも用いられる加工です。

容量をチェック

防水ビジネスリュックを選ぶときは、必要な荷物が入るかどうかの確認も欠かせません。

ビジネスリュックは容量の大きいモデルが多いものの、ノートPCのサイズやビジネスアイテムは人によって違うため、使いやすいサイズを選びましょう。

ただし、大きすぎるサイズやマチが広すぎるリュックはカジュアル感が強くなるため、避けるのが無難です。

一般的なビジネスアイテムの持ち運びなら、容量20L前後が目安とされています。
荷物が少ない人は15L、多い人は25Lを基準に選ぶとよいでしょう。

見た目の雰囲気をチェック

ビジネス用のリュックを選ぶなら、フォーマルなシーンにあう見た目や雰囲気であることも大切です。

リュックは元々カジュアルな印象の強いバッグなので、シンプルですっきりとした大人っぽいデザインのものを選びましょう。

とくにスクエア(四角)型ならかっちりしてみえるため、スーツやオフィスカジュアルとの相性もよいです。

背負っているときの雰囲気に加えて、地面に置いたときに自立するかどうかも大切なポイント。
自立せずにくたっと倒れてしまっては格好がつきません。

どこに置いても自立するような、しっかりした素材を使ったビジネスリュックを選びましょう。


「防水」「撥水」「耐水」の違いを解説

防水素材防水加工や撥水加工はよく聞く言葉ではありますが、明確な違いを知らない人も多いのではないでしょうか。
一見同じようにも感じますが、それぞれ異なる意味をもちます。

防水加工とは

防水加工とは、生地そのものが水を通さないように加工したものを指します。
塩化ビニールや合成ゴムなどの水を通さない素材を使うこともあれば、繊維の隙間に合成樹脂やゴムを塗り込んで隙間を埋めることも。

防水性は使っていくうちに衰えることはなく、長期間に渡り高い効果を発揮します。
ただし水だけでなく空気や水蒸気も通さないため通気性が悪く、蒸れやすいのがデメリットです。

撥水加工とは

一方、撥水加工とは生地の表面にシリコンやフッ素などでコーティング処理したものを指します。
水を玉状にしてはじく能力に優れ、生地への浸透を防いでくれます。

防水加工のように繊維の隙間を埋める加工ではないので、通気性がよく蒸れにくいのがメリット。
ただし、表面のみの加工となるため防水加工に比べて効果はやや弱めとなっています。

耐水とは

防水や撥水と混同されやすい「耐水」は、水を通さない性質を表す言葉で、加工ではありません。
耐水性があることで水がかかっても生地に浸透することなく、また、変質しない素材であることを表します。

一般的に「IP規格」という保護規格によって耐水・防水力が判断され、9段階の等級によって能力が表記されます。


メンズ防水ビジネスリュック|おすすめ5選

リュックを背負う男性ここからは、TRANSICでおすすめのメンズビジネスリュックを紹介します。
使い勝手を考慮した機能性に加え、防水性・撥水性に優れている商品のみをピックアップしました。

防水ビジネスリュックの購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ビジネスリュック(GA701)



撥水性の高いPUレザーを使用したビジネスリュックです。
登山用にも使われる止水ファスナーを採用し、大切な荷物を雨から守ります。

本体は2層式に分かれており、目的に合わせて便利に使い分けられるのもポイント。
13インチのノートパソコンも楽々入り、充実した小物ポケットで荷物を整理収納できます。

また、開口部は両サイドに開くラウンドファスナーで視認性抜群。
つなぎ目を重ね縫いして強度をあげるなど、細部までとことんこだわった一品です。

本革×CORDURA リュック(GA609C)



ナイロンの7倍もの耐久性をもつ「CORDURA(コーデュラ)ナイロン」を使用したビジネスリュックです。
CORDURAナイロンは丈夫で軽量、さらに撥水性が高くお手入れも簡単

内側には13インチのノートPCが収納可能な、クッション付きホルダーをつけました。
さらにペンホルダーやオープンポケット、ファスナーポケットも装備。

しっかりとした安定感と上質さを感じさせる雰囲気で、スーツやオフィスカジュアルとの相性もばっちりです。

TSOG THE ONE (ザ・ワン)(TS602)



撥水加工を施した牛床革を使ったモダンリュックです。
ニューヨークからインスパイアされた機能や要素が反映され、スタイリッシュなデザインに仕上がっています。

15インチのノートPCが収納できるポケットがついており、大切な機器の持ち運びにも便利。
背面部は通気性のよいメッシュ仕様で、不快な蒸れを防ぎます。

ビジネスにも旅行にも対応できるサイズとデザインで、オンオフどちらにも対応できるリュックとなっています。

TSOG MUKOムコ(TS601)



こちらもモダンリュックシリーズの1つで、京都からインスパイアを受けて作られました。
素材の牛床革は撥水加工済みで、雨の日も安心です。

「旅から生まれた」リュックなだけあり、旅行やショッピングなどに使いやすい機能を多数搭載。
大きな荷物から小物まで出し入れしやすい広い間口や各種ポケットなど、ビジネスにも問題なくお使いいただけます。

正面の大きなレザーポケットが特徴的な、おしゃれさと機能性を両立したリュックです。

リュック TAN / タンシリーズ(TS603)



撥水加工レザーとナイロンを絶妙に組み合わせたシティリュックです。
かっちりすぎず、カジュアルすぎないデザインで幅広いシーンに対応。

見晴らしのよいメイン収納に加え、背面部分にもノートPCやタブレットを収納できるスペースが備わっています。
また、シンプルなデザインからは想像できない収納力の高さで、14個ものポケットを装備

性別や年齢を選ばないデザインと雰囲気で、さまざまな使い方が楽しめる一品となっています。


メンズ防水ビジネスリュック|お手入れ方法

革ケアクリーム多少の雨に耐えられる防水ビジネスリュックですが、濡れた後のお手入れは欠かせません。
お気に入りを長く使うためにも、雨に濡れたあとは次の方法でケアしておきましょう。

できるだけ早く拭き取る

防水加工や撥水加工されている素材でも、水が浸透して定着するとシミになる可能性があります。
タオルで水滴を素早く拭き取り、それ以上染み込まないようにしましょう。

シミは、濡れた部分と乾いている部分の境界線にもっとも濃く発生します。
そのため、できるだけ早く水滴を拭き取って浸透する水の量を減らせば、シミ予防につながります。

自然乾燥させる

表面の水分を拭き取ったら、完全に乾くまで自然乾燥させましょう。
直射日光にあてると変質する恐れがあるので、必ず風通しのよい日陰で乾かすようにしてください。

また、リュックの中に新聞紙を入れておくと、より早く乾かせます。
ただし湿気を吸った新聞紙を入れっぱなしにすると、インクがリュックに移る可能性があるので、定期的に交換してくださいね。

クリームでケアする

本革製の防水ビジネスリュックが濡れた場合、自然乾燥後にクリームを塗っておきましょう。

濡れた部分が乾く際に、革に含まれる油分も一緒に揮発してしまいます。
そのまま放置すると乾燥が進み、ひび割れが起きるなど劣化につながることも。

雨に濡れたあとは革専用のクリームを塗り、しっかり保湿しておきましょう。


メンズ防水ビジネスリュック|注意点

「注意」と書かれた規制を示すテープ防水ビジネスリュックを乾かす際、ドライヤーを使うのはNGです。
レザーは熱に弱く、急激に乾かすと繊維が収縮して硬くなったり、型崩れしたりする可能性があります。

一度硬くなったレザーを元に戻すことは困難なため、必ず自然乾燥させましょう。
また、ストーブの前に置いて乾かすとドライヤーと同じように変質する可能性があるので、避けるようにしてくださいね。


メンズ防水ビジネスリュックで大切な荷物を雨から守ろう!

リュックを背負う男性最近ではノートPCを持ち歩くビジネスマンも増え、荷物がたくさん入るビジネスリュックを利用する人も多くなりました。

リュックなら多少重い荷物でも楽に移動でき、さらに両手も自由に使えて便利です。
仕事用のバッグは毎日使うものだからこそ、天候を気にせず使えるかどうかも重要。

機能性やデザイン性の高さに加えて、防水性に優れたビジネスリュックで通勤や外回りを快適にしましょう。