BLOG

革の仕上げ辞典

ヌメ革

エイジングを楽しむ「革のなかの革」

ヌメ革

広義には染色した素仕上げの革も含むが、一般的にはタンニンなめしで表面を加工していない革をヌメ革という。革本来の風合いそのままの、ナチュラルな印象が人気を集める。ベージュ色は日光や手の脂などでゆっくりと飴色や茶色に変化する。繊維の目が詰まり、丈夫で耐久性があるのも特徴のひとつ。

スエード

ソフトな手触りが魅力の起毛加工

スエード

床面(革の裏面)を細かなサンドペーパーで毛羽立たせ、ビロード状に起毛させて仕上げた革がスエード。子牛や羊、山羊などが多い。毛足が短く、しっとりと柔らかなものほど上質とされる。カーフやラムなど繊維が細く繊細な革質の革を使ったものは「シルキースエード」といい、特に人気を集める。

ベロア

手触りが良く、ラフな表情を持つ起毛加工

ベロア

スエードと同じく床面(革の裏面)をサンドペーパーで起毛させた革がベロア。素材には成牛の革など大型動物の革を用いるため、繊維の粗さから毛足は長く、ラフな仕上がりになることがスエードと大きく異なる特徴である。ハンドバッグなどによく使われる。

ヌバック

しっとりとした繊細な手触りを持つ

ヌバック

なめし終えた牛革の銀面(表面)を目の細かなサンドペーパーで軽く起毛させた革をヌバックという。表皮に近い緻密な繊維層を毛羽立てるため、床面(裏面)を起毛させるスエードやベロアよりも毛足が短く、しっとりとしたなめらかな手触りが魅力。ハンドバッグによく使われる。

エナメル

美しいツヤが目を惹く華やかな加工

エナメル

牛革などの表面にウレタン樹脂などの皮膜を作り、独特の光沢を出した革がエナメルである。パテントレザーとも呼ばれる。水には強いが、乾燥によりひび割れを起こすことがあるので注意が必要。もともとはボイルアマニ油やワニスを塗って乾燥を繰り返すことで作られていたが、昨今はウレタン樹脂が使われることが多いという。

オイルレザー

ソフトなタッチと扱いやすさで革が身近に

オイルレザー

革をタンニンやクロームでなめした後、たっぷりと油を染み込ませた強化レザーをオイルレザーという。オイルを含ませることによってしなやかな柔軟性、そして耐水性を持たせることができる。水分を原因とする劣化が少ないうえ、使い込むほどにオイルの効果で独特の風合いが楽しめる。メンテナンスの手間もほとんどない。

ガラス張り

硬く手入れしやすい実用的な加工

ガラス張り

クロームなめしを行った成牛革をガラス板やホーロー板に貼り付けて乾燥させ、銀面(革の表面)をサンドペーパーで削った後に樹脂系塗料を塗布して仕上げた革がガラス張りである。表面が均等で、なおかつ硬い仕上がりが得られる。丈夫で手入れの簡便さが魅力だが、ぶつけたり硬いもので引っ掻いたりすると顔料がはげることがある。

型押し

技術向上により革の楽しみの幅を広げる加工

型押し

加熱した型版を用いて革に高温プレスを施し、表面に立体的な凹凸を施したものを型押しという。さまざまな模様があるが、クロコダイルやヘビなどエキゾチックレザー風のものが多い。なかには天然のものと遜色のない風合いを持つものも。撥水性の高いサフィアーノレザーは高度な技術でとても細かな型押しを行ったもの。

シュリンク

薬品で縮ませることで、柔らかさと実用性が向上

シュリンク

シュリンクとは収縮のこと。その名の通り、なめし加工の過程で特殊な薬品や熱を加えて銀面(革の表面)を縮ませ、細かなシボ(縮みジワ)をつける加工がシュリンクである。元の革よりも柔らかな手触りとなり、またシボが出ることでキズがついても目立ちにくい。手で揉んだ革よりもシボが強調される。

揉み革

手や機械で革に丁寧な模様をほどこす加工

揉み革

革を手や機械を使用して揉み、シボ(シワ模様)を出した革を揉み革という。揉み方によって三種類に分けられ、一方向のみに揉み、水平にたくさんのシボを入れたものは「水シボ革」、上下と左右など二方向に揉んでチェック柄のようになったものは「角シボ革」「角揉み革」という。さまざまな方向から揉んでランダムな模様を入れたものが「八方揉み革」である。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

SHARE