BLOG

ジャケパンをうまく着こなすポイント

 

働き方が大きく変化している現在、その服装にも変化が訪れています。ジャケパンスタイルを取り入れている企業や会社が増えているのです。スーツとは違い、自分なりの着こなしを楽しめることから、歓迎する人が多い一方で、毎日のコーディネートに迷ってしまう人も多いはず。

どうすれば、大きな失敗なくジャケパンでオシャレを楽しめるようになるのでしょうか。

そこで、ジャケパンにおいて押さえておくべきポイント「カラー」「それぞれのアイテムの特徴をつかむ」をそれぞれ詳しく紹介していきましょう。

 

基本のカラー「ネイビー、グレー、ブラウン」が与える印象の違い

ジャケパンコーディネートの基本になるカラーはネイビー、グレー、ブラウンの3色です。これらのシンプルなカラーを押さえておけば、的外れなコーディネートで、失敗することも少なくなるでしょう。また、カラーによって「相手に与える印象が違う」ということを理解しておくと、メリハリの利いたコーディネートを実践できます。

【ネイビー】

20800315_B_04_500 候補

(参照:ZOZOTOWN )

ビジネスシーンで、最も使われるカラーと言っても過言ではありません。爽やかで若々しいイメージを与えてくれます。他のカラーとも合わせやすいので、選びやすく、使いやすいですよね。

【グレー】

19593427_B_04_500 (1) グレー 候補

(参照:ZOZOTOWN )

ネイビーに勝るとも劣らない、万能選手であるグレー。クールで落ち着いた雰囲気で、相手に安心感を与えることができます。こちらも、他のカラーとの相性が良いので、コーディネートしやすいと言えるでしょう。

【ブラウン】

21620756B_b_20_500 茶 候補

(参照:ZOZOTOWN )

落ち着いて暖かな雰囲気で、社交的な印象を与えてくれるブラウンも、使いこなすことができれば、コーディネートの幅がグンと広がります。ブラウンのジャケットやパンツを着用する場合、シャツやネクタイ、小物など合わせるアイテムのカラーに気を配りましょう。

ジャケパンスタイルを構成させるアイテム

カラーの基本を押さえた次は、アイテム構成についてです。

メンズのオフィスカジュアルコーディネートは次の9つのアイテムから構成されています。

(1) ジャケット

(2) シャツ

(3) パンツ

(4) ニット

(5) アウター

(6) バッグ

(7) ネクタイ

(8) ベルト

(9) シューズ

 

これら9つのうち、メインアイテムとなるのはジャケット、パンツ、バッグです。

これらのカラーが与えるイメージは特に強いので、基本となるカラーを軸に、その日の予定やどう見られたいかをイメージしてコーディネートしましょう。第一印象は最初の10秒が重要と言われています。相手に「おっ」と思わせるスタイルを目指してみましょう。

これらのアイテムの特徴をつかんでおくだけで、着こなしがぐっとラクになり、オシャレなイメージを持ってもらいやすくなるでしょう。

カラーは3色までに抑えよう

コーディネートの際の基本として、色数を増やしすぎないことを意識しましょう。全体の色数を3色に限定すると、コーディネートがまとまり、オシャレな雰囲気をアップさせることができます。もちろん、厳密にではなく、だいたい3色程度くらいでとらえておくといいでしょう。

バッグの選び方に注目!

顧客に会ったり、企業を訪問したりする際、あなたの服装は意外とチェックされています。好印象を与えるためにも、アイテム選びには気をつけたいものです。

メインアイテムとなるジャケット、パンツに加えて、バッグも印象を左右する重要なアイテムです。コーディネートの軸となるカラーと相性の良いカラーのバッグを選べば、さらに洗練された雰囲気を演出できるでしょう。

オンオフで兼用できるようなスタイルのものを選ぶのがポイントです。

簡単でオシャレにみえる!ジャケパンコーデ

color_img02

(参照:TRANSIC )

ネイビーのジャケットにホワイトのパンツを合わせて、爽やかな印象を与えつつ、洗練された雰囲気を演出しています。ネイビーと相性のいいブラウンのトートバッグで、明るさがプラスされています。

21089468_16_D_500

(参照:ZOZOTOWN )

こちらはネイビージャケットに、ブラックのスラックスを合わせ引き締まった印象です。ジャケットの襟と、インナーシャツのストライプの色を合わせて、遊び心もプラスしています。バッグは洗練されたデザインながら、淵に入ったブラウンが映え、全体を重くなりすぎないようにしていますね。

tasclapimage_1314_12_1

(参照:ZOZOTOWN )

こちらもネイビージャケットを使ったコーディネートですが、パンツとシャツにホワイトを持ってくることで、爽やかさがぐっと引き立ちます。バッグもネイビー×ブラックで、このスタイリングにピッタリです。カラーを3色に抑えるだけで、メインカラーがグッと引き立てられる好例ですね。 メインとなるアイテムのカラーを決めれば、コーディネートへの迷いも少なくなります。ジャケットとパンツのカラーバランスを取りながら、シャツやネクタイ、ニットなどに差し色を持ってこれば、着こなしの幅も広がります。印象の良さがアップするオフィスカジュアルを目指していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

SHARE