ABOUT

東京オフィスは、中目黒から目黒川沿いに歩いたところにあります。ここではバッグの企画から生産管理、品質管理、マーケティング、販売やプロモーションまでを担当。

デザイナーは何十枚もデッサンし、マーチャンダイザーはイタリア・中国・バングラデシュと世界を飛び回り、販売スタッフは倉庫のある東京羽村へ出向いたり、クリエイティブスタッフは撮影や制作で外出したりと、各々の業界でのプロフェッショナルが集まり、少人数で運営しています。

少人数で運営することは、コストを最大限に抑えることができる分、逆に商品にコストをかけることができるので、「価格以上の価値」を実現できます。 また自由な環境とチームワークで、モノづくりから販売まで一気通貫で行うことで、お客様のご意見を素早く商品に反映させることもTRANSICの特徴です。

TRANSICの物流を支える東京・羽村市にある倉庫では、お客様への発送作業を行い、カスタマー対応を行っています。 中目黒のスタッフと連携をとり、お客様にご満足いただけるにはどうしたらよいか、定期的にミーティングを行い、サービス向上に努めています。

TRANSICに関わるスタッフ全員、「働く人々に鞄をもっと楽しんでもらいたい」という共通した思いを持っています。 まずは自分たちが楽しめる鞄を、そして、仕事を楽しめる環境を作っていくこと。 きっとそんな現場から生まれる商品はお客様の仕事を楽しくしてくれる、そう思っております。